歴史遺産學科

卒業生にキャリア特別講義をしていただきました!

こんにちは、歴史遺産學科です。

 

4月14日(水)、「歴史遺産學総合演習Ⅰ?Ⅲ」の授業は、3?4回生合同でのキャリア特別講義でした。講師には歴史遺産學科卒業生の2名をお迎えし、お2人の蕓大生ならではの就職活動、また社會人となってからの経験談をお話ししていただきました。

 

お1人目は、株式會社淡交社編集部で、月刊誌をご擔當されている江川真由さん。

茶道をはじめとする日本文化、蕓術に関する書籍の制作をされています。江川さんは具體的な採用試験時の様子、筆記試験対策にお薦めの書籍、試験時にご自身が大切にされていたことなどをお話しくださいました。

 

3、4回生にできることとして、「スタートは早いほうが良い」「視野を広くもつ」「好きなこと?嫌なことを區別する」「息抜きは思いっきり」「大學生活を大事にする」というアドバイスをくださいました。先輩の実感のこもった意見はとても參考になりますね!

 

また、大変だったこととして、自己分析不足、書類の作成をあげておられましたので、これも余裕を持った早期準備が大切だそうです。

 

江川さんには、ご擔當された以下の本を寄贈していただきました。

 

江川さんから本の紹介です。

 

  • 『仏像さんを師とせよ 仏像修理の現場から』(八坂壽史 著)

岡倉天心が創設した仏像修理を専門とする「美術院」の工房長を務め、東大寺仁王像をはじめとする數多くの修理を手掛けてきた著者が、仏像修理の流れや方法、修理中に起こった不思議な出來事など、公には語られることのなかった仏像をめぐる様々なドラマをユーモアたっぷりな言葉で綴る “修理奮闘記”です。

 

  • 『鳥獣戯畫のヒミツ』(宮川禎一 著)

漫畫やアニメーションのルーツとも言われ、カエルやウサギがまるで人間のように描かれた國寶の絵巻「鳥獣戯畫」。本書は大膽かつ詳細に、Q&A形式で分かりやすく、日本美術史上最大の謎とされる「動物たちの正體」と「物語の意味」について様々な視點からヒミツに迫り、解き明かします。

 

今まさに、東京國立博物館で特別展「國寶鳥獣戯畫のすべて」が會期中です。興味のある方、ぜひお読みください!

 

お2人目の講師は舞鶴引揚記念館學蕓員、兼、舞鶴市役所文化振興課文化財係長の長嶺睦さんです。

 

大學院ご卒業後は、発掘調査員、IT系の民間企業、本學勤務を経て現職に就かれていますが、在學時に研究されていた戦爭遺跡の調査が、現職の舞鶴引揚記念館での學蕓員のお仕事に見事に繋がっているようでした。ユネスコ世界記憶遺産の登録をご擔當され、舞鶴市は2015年に570點登録されたとのことです。

 

長嶺さんの経験豊かでウイットに富んだお話をもっとお聞きしたいところで時間切れとなりましたが、最後に最も伝えたいこととしてお話しくださった、「出會いを大切に」「謙虛で素直であること」「感謝を忘れない」「知識や教養も大事だが人間力が最も大切」という4點は特に印象的で、とても大切なことだと感じました。

 

3?4回生もしっかりとメモを取りながら傾聴していました。蕓大生としての強みを活かしながら、それぞれ自分にぴったりの就職先、進路先が決まるといいですね!

 

貴重なお話をしてくださった江川さん、長嶺さん、この場をお借りして改めて御禮申し上げます。ありがとうございました!

 

さて、最後に今週末開催されるオープンキャンパスのご案內です。歴史遺産學科では、以下のワークショップを感染対策を徹底して準備し、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

【日程】

4月24日(土)、25日(日)

午前の部:10:00~13:00、午後の部:14:00~17:00

 

【歴史遺産學科ワークショップ】

?陶蕓の名品を復元しよう!-土器接合を楽しもう

?拓本 -世界最古の記録方法を體験

?江戸時代へのタイムスリップ -名所図會を楽しもう

?ミクロから読み解く技術 -メダルづくりと顕微鏡観察

 

興味をお持ち下さった方、以下のURLからWeb參加申込をし、ぜひご參加ください。

お待ちしております!

 

http://www.sincerelegends.com/opencampus/oc04-24_04-25/

 

 

 

<1234>
a片无限看- 无限在线观看免费