(月~金:10~16時)

airU 実際の授業を無料で體験してみよう

MENU

美術科

染織

TEXTILES

布と生きる。布は生きる。
伝統の地、京都で多彩な染織技法を基礎から習得。
布を生かし、自分を生かす力を身につけます。

コースの特長

01「染」と「織」の両方を學べる。

「染」と「織」両方の基礎を學んだのち、自分の深めたい技法を選択。卒業後の活動につながる卒業制作に取り組みます。

02総合的な力をつけるカリキュラム

染めたり織ったりする技法を駆使するためには魅力的なモチーフを描くことや色彩構成の知識を得ることが必要です。それらの基本をいちから丁寧に身につけます。

03多様な染織世界から、自分だけの表現を発見。

幅広いカリキュラムを通して、生活を彩るテキスタイルや自己表現としての作品制作など、多様な染織世界を體感。そこから、新しいものの見方、自分だけの表現方法を見つけだします。

週末2日間 スクーリング
大學、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

學びのポイント

自宅で染織

1、2年次の自宅學習では、臺所のコンロで植物染料を煮出して染めたり、木枠で絣の布を織ったりします。大がかりな道具や広い場所がなくてもできる課題で、生活の中に染織を取り入れます。

使える、著用できる染織

浴衣やカレンダーなど、実際に使うことを想定した課題で、意欲的に學ぶことができます。

學びのステップ

STEP1

素材、技法に手で觸れ、
染織の可能性を感じとる。
まずは生活の中の布や身近な染料を知り、人と染織との関わりを考えます。「染」と「織」の基本的技法を學ぶとともに、造形の基礎となる「物を見て描く方法」を習得し、つくる楽しさを実感。布や糸の感觸、染まる感覚など、手を通して染織表現の可能性を発見します。

 スクーリング科目例 / 絞り染の浴衣を染める浴衣の構造を踏まえ、12?13メートルの生地を染めます。

STEP2

基本の技術を身につけながら、
染めること、織ることを理解する。
ひきつづき、基本的な技術を學習しながら、染技法、織技法が発展してきた歴史を知り、裝うことや生活を彩ることに込める人の心を考えます。また、「色彩」や「構成」を理論的に學び、作品制作の基礎としていきます。

 スクーリング科目例 / 絣の布を織る「経絣(たてがすり)」の方法を學び、実際に織機で織り上げることで、織技法を身につけます。

STEP3

深めていきたい技法を選び、
自分自身の方向性を見つける。
「蠟染」「友禪のふくさを染める」「綴織の壁掛を織る」「絹を知る」の中から2科目を選択し、理解を深めます。また、「フェルトメイキング」「スクリーンプリントの手ぬぐいを染める」などの選択科目を履修し、自分と染織との関わりを考えながら、表現の幅を広げていきます。

 スクーリング科目例 / 自由作品これまで學んできたことを生かし、自由作品に挑戦。テーマの設定、技法の選択、素材の吟味など、すべて自分の手で行います。

STEP4

テーマ設定から作品完成まで、自分にとっての染?織をかたちにする。
1年をかけて、じっくりと卒業制作に取り組みます。発想から仕上げまで計畫的に制作をすすめ、卒業後の活動の土臺を築きます。自分にとっての「染」「織」をかたちにすること、美しい仕上げ方や効果的な展示方法など、作品の見せ方までを學びます。

 スクーリング科目例 / 前期制作4年間の集大成として、各自設定したテーマにもとづいて作品制作を行います。

入學~卒業までのステップ

4年間で學ぶことがら

1年間の學習ペース

【1年次入學】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入學】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

學費の目安

授業料 323,000円
スクーリング受講料 104,000?128,000円
1年間の合計金額 427,000?451,000円

卒業までの合計?額(4年間)
1,708,000?1,804,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、會場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。
授業料 323,000円
スクーリング受講料 156,000?192,000円
1年間の合計金額 479,000?515,000円

卒業までの合計?額(2年間)
958,000?1,030,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、會場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。

教員メッセージ

久田 多恵準教授

自分の可能性や社會につながる、
染織の糸をたどりませんか。

久田 多恵
HISADA Tae
準教授

愛知県出身。大學入學時より京都に移住。織を中心にニッティング、フェルティング、縫いなどの技法で繊維を素材とした作品制作発表を行う。京都市立蕓術大學大學院美術研究科修了。2018年 久田多恵 織作品展 ギャラリーマロニエ(京都)、2019年 テキスタイルアート?ミニアチュール6-百花百觸(東京?兵庫)、2019年 The First Biennaleof Natural Dyes(contemporary Art and Design Works)( 中國 國立シルク博物館)など數多くの展覧會に出品。

「sublimation」
絹/平織 H200×W580×D25cm 2009年
撮影:矢野誠

このコースでは何を學べますか?
染織の可能性と自分の可能性。
染めることや織ることを通して自分の可能性を発見します。染織といっても壁に掛けるタピストリーから、コップの下に敷くコースター、衣服を彩る模様やかたち、絵畫や彫刻のような自己表現までさまざまです。どのような染織をめざすか、いろいろな試みの中で見つけていきます。染織を通してまずは自分を知ること、次に自分の得意な方法で社會に発信することを考えます。授業では「染織の技術を基礎から丁寧に身につける」、「その技術を使ってどんなものを作るのかを考える」を両輪として學びます。染織は人間が生きていくための知恵の集積ですが、現代に生きる私たちは染織の技術がなくても困ることはありません。だからこそ「何のために何をつくるのか」考えることが大切です。
通信教育という點での配慮は?
自宅制作の基盤をつくる。
大學での対面授業のスクーリング科目と、自宅で取り組むテキスト科目をバランスよく組み合わせています。テキスト科目はもちろんのこと、スクーリング科目でも本學獨自の學習用webサイト「airUマイページ」を活用し、動畫教材の配信やweb上での課題提出等、対面授業に加え、より充実した授業を行なっています。
わからないことについての質問と回答はairUコンシェルジュやメール、FAX、郵便で隨時対応しています。きめ細かい指導で作品制作と卒業までの履修をサポートしています。
どんな人に學んでもらいたいですか?
染織で社會と関わる人へ。
手で物を作る実感を得たい、知らなかった世界に踏み込みたい、美しい色やはっとする模様が好き、という人はぜひ入學を。卒業後は、染織を通して何らかのかたちで社會と関わっていってほしい。展覧會で発表するのも、実用品として売るのもいいと思います。卒業生の中にはギャラリーを開いた人もいます。教室を開く、テキスタイルデザイナーや研究者になるなど、夢は大きく持ってほしいですね。やってみて楽しいと思えることや沒頭できることは、それだけで大きな才能です。ぜひ思い切って飛び込んでください。

新しい伝統×染織=

増田 耕造
染織コース(3年次編入學)
'19年度卒業 京都府在住54歳

臺灣出身のクラスメイトが2名いたことから、新型コロナ拡大前は、臺灣での卒業制作展を計畫。「いつかなんとか実現できたら、と思います。あきらめたら終わりになってしまうので」。

染織フリーダム

「えっ、板や糸だけで、こんな柄を描けるの?」「タマネギから、こんなキレイな色が出るなんて」。とにかく最初はびっくりの連続だった増田さん。長年、手がけてきたグッズ商品の開発とは違う、伝統的なものづくりを學びたくて、未知の染織ワールドへ。「絞り染」や「天然染料」など、ひとつひとつの科目を學ぶごとに、その奧深さに引き込まれていった。「もちろん、もどかしい思いもたくさん味わいましたよ。つくりたい作品のイメージはあれこれ浮かんでくるのに、かたちにする技術が及ばなくて」。もともとマメな性格ではなかったが、少しでも納得できるものを、と取り組むうちに、めんどうな作業も自然と苦にならなくなったという。「とはいえ、何十年もつづけてきた人に技術でかなうわけがありません。だったらいっそ、他の人がやらないことをやってみたいと思ったんです」。

そもそも染織コースを選んだきっかけは、本學の卒業制作展を訪れて「こんな多彩な技法があるんだ」と感心したから。さらに、學友らに誘われて足を運んだ京都市內の展示會で、ある作家の言葉に背中を押された。「染織という枠にとらわれないで、好きなものをつくればいい」。ならば自分は、遠くおよばない昔の人を真似るより、いまの時代らしいモノをつくってみよう。そう考えた増田さんが選んだのは、「布象嵌」と呼ばれる、まだ先人の少ない技法。完成させた卒業制作は、見た目は明るく楽しいけれど、ひとつひとつ染めあげた布を200以上も貼りあわせた、地道な努力の結晶だ。「現役の頃はいいかげんに仕上げていた成果物。ずいぶん遅くなったけれど、今度こそ、自分の最大限の力を出し盡くせました」。多彩な色と形の布が描き出すのは、課題を考えながら歩いていた近所の通り。まるで、自由な染織を鼓舞する旗のように、増田さんのリビングに、心の中に、色鮮やかに翻っている。

いちからつくる×染織=

C.Y
染織コース(1年次入學)
'18年度卒業 東京都在住47歳

染織作品はネットの他、セレクトショップでも販売。「作品をつくりつづけるためにも、買ってもらえるとうれしいです。ロゴやHPづくりに本職が役立ちました」。
セレクトショップのサイト
https://somenaya.amebaownd.com/

ゼロからの染織

「まさか自分が、著物一反を織ることになるなんて」。華やかな広告の世界で、その裏側を支えるデザイン業務に忙殺されてきた山口さん。「つねに新しいものが求められ、世代交代も早い業界。そろそろ〝仕事以外の何か〞を見つけよう、と思ったんです」。どうせなら、新しいことを本格的にやってみたい。そんな気持ちから選んだ染織は、これまでの生き方とは、ほとんど正反対の世界だった。「とくに織物は、何ヵ月もかけてつくりあげていきます。きちんと織物を織りあげるということは、入念な準備や計算が必要なんです」。ずっとスピード感や斬新さを追いかけてきた自分に、こんな途方もない作業ができるだろうか。不安を感じる間もなく、課題をこなしていった。

山口さんのように、ほとんどの同級生は初心者だった。未知の課題にオロオロする學生たちを前に、先生がかける言葉は「まあ、やってみなさい」。仕方なく、どうすれば上手くいくか、あれこれ試す。何度も失敗する。そのことが、〝自分で考える〞という経験をもたらす。「手法を習うだけなら、街の教室でもいいかもしれません。その先生のやり方を習うことになりますが」。自由に挑み、自分なりの答えを見つけられるから、さらに先へと進める。「以前の私なら、途中で嫌になっていたかもしれません。少しずつ、根気がついてきたのだと思います」。織る布が長くなるとともに、気力も技術も伸び、ついに卒業制作では13mもの著尺を織りあげた。

輝く絹糸で描きたかったのは、奄美の離島から帰るプロペラ機の窓から見た、360度ピンク色の空。「藝術學舎で出會った草木染めで、思いがけない自然の美しさを表現したかった」。卒業したいまは、「草木染め」のワークショップや販売に力を入れつつ、「織」ではとことん作品づくりを追求したいという山口さん。たぐりよせる糸の先は、無限の可能性につながっている。

自分らしさ×染織=

長谷川 眞由美
染織コース(1年次編入學)
'17年度卒業 京都府在住61歳

現在は秋のグループ展に向けて新作を制作中。「とにかく孤獨な作業なので、皆との発表をはげみにつくったり、他のひとの作品を通して、自分とは違うものの見方にふれることが、とてもいい刺激になります」。

美しき実験

「大學って、教わるところじゃないんだ」というのが最初の感想。若い頃からものづくりが好きで、陶蕓や織物の教室に通ったものの、どこか中途半端な気がしていた。「ちょうど仕事も先のことを考える時期で… 何度も説明會に足を運び、2年迷って入學を決めました」。
「色彩や構成、デッサンなど、ものづくりの基礎を學びたかった」という長谷川さん。入學後は、あえて苦手なデッサンのスクーリングを數多く受けた。「何も分からず見よう見まねで。染織の授業も同じですが、これまで通ってきた教室と違い、コツや要領を教わる場じゃないんですよね」。不安な気持ちを抱えつつ、とにかく試しては失敗を重ねる。その中からひとつひとつ、自分らしい表現を見つけていく。「私の場合、具象より抽象の方が、気持ちが入りやすい」。ただし、たどり著くまでの道のりは容易ではなかった。
「じつは1年目に、もう卒業制作の原點とは出會っていたんです」。たまたま実習棟で見かけた、通學生の絞り染作品。強く心惹かれつつも、「絞り染は簡単すぎる」というベテラン學友の何気ないひとことが、素直な想いを曇らせた。ならばと寫実や型染をがんばっても、空回りするばかり。「行き詰まっていたとき、構想デッサンの授業で抽象畫を描いたら、驚くほど自由に筆が動いたんです」。思いきって、心の向くままに幾何學模様と絞り染めを組み合わせたところ、試作で納得できるものができた。「それからは、染料や絞り方などを変えては実験の連続」。大変だけど楽しかった、と顔をほころばせる長谷川さん。「あるときは夏と冬の水溫差に気がつかず大失敗。だけど、その変化もヒントになりました」。教われないから、自分で悩んで考える。だからこそ他に染まらない、自分だけの色かたちをつかめる。『うつろう』と名づけた卒業制作が映すのは、色の変化、自身の変化。そんな変化を楽しむ実験は、これからもつづいていく。

悔いのない人生×染織=

加藤 緑
染織コース(3年次編入學)
'16年度卒業 岐阜県在住63歳

卒業制作が學內にある春秋座で開催された都をどりに合わせて展示。「思いがけず、一般の方にも見てもらえる喜びを感じられました。これからも、自分が楽しんでいる姿や制作物を通して、絞り染の楽しさを多くの人と共有していきたいですね」。

生命の色を求めて

「私、京都にいきます!」と家族の前で入學宣言をしたのは、東北での震災が起きた年のこと。「あっという間に命を奪われた多くの人々。それぞれにやりたいことがあったはず…と考えると、じっとしていられなくて」。染織のいろんな技法を學んでみたい、という秘めた想いを実現する決心をした。「初めての主張じゃないかな。ずっと家を守ることが役目だと思ってきたので」。

かくして大學生となった加藤さん、課題との悪戦苦闘の日々がはじまった。「絞り染は趣味でやっていたけれど、ろう染、型染、シルクスクリーンプリントなど、技法が違えばまるで別モノ。すべてがゼロからのスタートです」。スクーリングのたびに「事件」が発生したという。しかし、未知の學びへの苦難は、無上の達成感や発見の喜びにもつながる。「未経験のデッサンにも苦心しましたが、合評で先生から、私の性格まで読み解くようなご指摘をいただき、人の內面が形になるんだと実感しました」。

慣れない作業、思い通りにならない布や色に翻弄されつつも、ひとつひとつの學びに打ち込んだ加藤さん。卒業制作にいたり、ある色をテーマとして選んだ。それは、緑。自分に名づけられた色。「昔からキライだったんですよ。名前も、色も。でも入學して、レポートなどで美術書を幅広く読むようになり」。ある本で知った。ゲーテの色彩論では、黃が光、青が闇、その両方を合わせて生じる緑は、生命の色であると。「自然界のものでは出にくい色なんです。それをあえて黃と青を染め重ねて、緑をつくりだそうと」。完成した作品には反省點もあるけれど、緑の多彩さを知り、何よりも緑色が大好きになったという。「卒業後も日々、コツコツ、チクチクを合い言葉に、手を動かしています」。白い布に、一瞬にして模様があらわれる瞬間が好き。自分で染めた布や作品で、生活の色を変えるのが楽しい。加藤さんの手からあふれだす色は、見る人の心まで鮮やかに包みこんでいく。

作家志望×染織=

北岡 悅子
染織コース(1年次入學)
15年度卒業 大阪府在住40代

「卒業生?修了生全國公募展には間に合いませんでしたが、卒業後の第一作が、駒ヶ根シルクミュージアムの「第9回現代手織物クラフト公募展」で奨勵賞を受賞しました!」。

染織十色

北岡さんが卒業制作でつくった著物には、いろんな色が織り込まれている。「くちなし、茜、藍、えんじゅ。植物からこんな多彩な色が出るなんて、すごいですよね」。日本舞踴を習ったのが、著物への思いを深めたきっかけ。著付けや和裁を教わり、ついに〝糸から著物を織る〞原點をめざして本コースへ。「織る様子を間近で見て、こんなに忍耐強い作業ができるかな、と心配しました」。初めての體験に四苦八苦しながらも、自分の手から生まれる、形と色の面白さに魅了されていった。

「最初は、デザインなんて自分にはできない、と思っていたんですよ」。美術に深く関わったことがなく、絵を教わるのは學生時代以來。もちろんすぐには上達しないが、描いてみると、見慣れた花や野菜の思わぬ美しさに気づいた。また、天然染料の課題では、道ばたの草が出す鮮やかな色彩に感動。そうして見つけた形や色を、糸にのせて表現していく。「初めの頃にスクーリングで、先生に色の助言を求めたら、〝色決めは一番楽しいところなんだから、自分で決めなきゃ!〞と言われて。その通りだな、と今は思えますね」。

生來の凝り性も手伝って、気づけば予定より2年も長く在學。しかし、學んだすべてが制作の糧になるという。やがて迎えた卒業制作では、先生の厳しい指摘に落ち込みつつも奮起し、さまざまな色に染まる落日の海を完成。「達成感はあるけど、大変でした」と苦笑しながらも、すでに次作に取り組んでいる。「自宅作業は孤獨な戦いだけど、失敗するたびに何かを學んで、強く、たくましくなれました」。表に出ない苦悩や悲しみ、喜びや感動まで、すべてが染みこんだ北岡さんの糸。その経糸と緯糸が織りなす色は、ときに予想をこえ、本人さえハッとする美しさを見せるという。「とにかく制作して、発表して、いつか人から依頼される作家になりたい」。北岡さんが布の上に織りあげた落日は、新たな夢へのあけぼのでもあった。

お稽古好き×染織=

大日方 明美
染織コース(1年次入學)
14年度卒業 東京都在住 56歳

「せっかく社會人で學生という贅沢な身分になれたんだから、じっくり取り組みたい」と、在籍できる最長年數の9年かけて卒業。以後は大學院で、新たな技法や素材に挑戦中。

織り重ねる學び

ただの細い糸を、一本ずつ交互にくぐらせると、いつの間にか布になる。「そんな、積み重ねる感覚が好きなんです」と、織り機の前で微笑むのは大日方さん。しかし本學に來るまでは、染織の知識などまったくのゼロ。蕓大は特別な人が行くもの、と思い込んでいた。「きっかけは、お茶のお稽古ですね。和裝に気に入った著物がなくて、いっそ自分でつくってみようと」。

思いたったら吉日、と勢いよく入學。しかし初めての専門科目のスクーリングで、思わず手が止まった。「糸にも布にもふれず、スケッチブック片手に靜物デッサンする授業だったんです。絵は高校以來でしたね」。じつは絵を描くのが苦手だった大日方さん。まずは鉛筆の持ち方から教わり、時間をかけて描き寫すうち、少しずつ苦手意識が和らいでいった。「何より勵まされたのは、先生からの言葉です。 〝ちゃんと見て、丁寧に取り組んでいますね〞というテキスト課題の添削が返ってくると、〝ああ、下手でもわかってもらえるんだ〞と嬉しくなって。次のやる気につながりました」。

初心者ならではの不安を受けとめてくれたのは、先生の言葉だけではない。カリキュラムの巧みさにも感心した。「2年次までは、自宅に織り機がなくても、簡単に用意できる棒や木枠だけで織れる課題になっているんです。その間に、基本的な仕組みをしっかり學べました」。少しずつ織り方や道具の種類を覚え、自分に合うものを見つけることで、自宅制作の場が整っていく。技術もまた同じだという。「最初のうちは、どうなるかと思っていましたが」。いきなり完成形をめざすのではなく、できることからやっていくうちに、自分でも思いがけない大作の下図を描け、作品に仕上げることができた。

「とはいえ、まだまだ勉強中です。知れ ば知るほど、未知の世界にふれ、また知 りたくなるのが染織ですから」と、目を 輝かせる大日方さん。ひとつ學びを重ねる たびに、その手は新しい答えをつかむ。糸から織りあげる布のように。

資料請求

a片无限看- 无限在线观看免费