技を拡げ、
自身の表現を深める。

個々の感性、制作に対しての考え方や技術をもとに、より洗練され発展した陶表現をめざします。
土という素材とのコミュニケーションの中から、器も含む立體としての造形はもとより、表面に施される裝飾、釉薬の表現、そして焼成という重要なプロセスを通して生み出される陶ならではの表現を確立。制作者獨自の表現だけでなく、他者の生活に潤いを與えるような表現の可能性を追求します。

分野の特長

自身のテーマで表現を深め、発展させる

自身の作品を発展、深化させることが大きな目標です。自らの作品に対する問題意識を明確にし、それを追究するための個別指導を行います。一人一人に対応した指導で、濃密な學習をしてもらうことを狙っています。

素材や釉薬の研究を通し、表現の幅を広げる

陶蕓にとって大きな要素である土と釉薬を研究します。各自が研究したい釉薬なり土をテーマとしてあげ、自身の求める陶表現の実現のため具體的な実験も含め追究します。學外から釉薬のエキスパートを講師として招き最先端の釉薬技術を含む講義を聞き、各自の釉薬へのアドバイスも受けます。

作家としての表現方法、社會との関わりを探る

大學院修了後の各自の作品発表のための経験として、また成果発表の場として、學外のギャラリーでの展覧會を開催します。

學びのすすめ方1年次

ワークショップや作家、研究者らの講義を通し多岐にわたる陶蕓世界の神髄を學ぶ。

美術?工蕓演習(陶蕓)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自ら求めてきた表現を今一度見直すことから、さらなる可能性を探ります。技法を変えること、素材を変えること、釉薬を洗練させることなど様々なアプローチから自らの表現の幅を広め、他者に感動を與えられる作品制作を目指します。

美術?工蕓特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術?工蕓に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社會環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現內で完結するものではなく、社會との関わりの中で熟成?発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

學びのすすめ方2年次

自己表現の確立をめざし、「見せる」ことも意識して作品を制作。

美術?工蕓研究(陶蕓)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

大學院での総括としての作品作りと自身のコンセプトを再確認するための制作研究ノートの完成を目指します。自身の考えを文章化することで作品作りへのアプローチを再確認することは、今後の制作に大きく役立つものです。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土?日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大學院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大學院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)

學生紹介

前川 直之43歳 京都府 大學院2年次

釉薬の研究と、「土に何かを混ぜる」実験をしたくて進學。いまは主に、長石単味での作品づくりに挑んでいます。粘りがなく、釉薬に使われるほど溶けやすい長石は、成型と焼成の両方で困難な素材です。けれど、焼成後の白く光沢のある姿が美しいので、何とかできないものかと実験を繰り返しています。大學院では、自分で考えて計畫し、制作する時間が大部分です。前回の結果をもとに先生と相談し、必要に応じて修正したり別の方法を試したりします。好きな釉薬のテストなども自由にできる一方、自分の立てた計畫がまずければ、何も先に進みません。なので日常生活でも、気づけば実験のことを考えていて、新しいアイデアが浮かぶと急いでメモします。それがうまくいくとは限りませんが、胸おどる瞬間です。卒業後も、こうした実験的な制作がつづけられるよう、いまから環境を見つけていきたいです。

■教員 清水 六兵衞(教授)、八木 明(客員教授)、橫山 直範(講師)、櫻井 靖子(講師)

修了制作 作品ギャラリー

佐々木 敬66歳 千葉県 2019年度修了

[修了作品について]めざしたのは、外壁構造を持たない立體作品。3Dプリンターで原型をつくった後、鋳込みの技法でパーツを作成した。接著方法、接著物の保持方法など、いくつかの壁があったが、何とか乗り越えた。

[成果、そして、これから]磁土を用い、舊來の陶蕓作品にはない新しい造形物に挑戦。先生や同級生との意見交換を経て、方向性を固められた。制作方法を確立できた今後は、アート性に富んだ作品をつくっていきたい。


Migration(遊走)

光本 貞子54歳 東京都 2019年度修了

[修了作品について]中火度釉薬に焦點をあて、形にマッチしたディテールをつくることをめざしました。造形的には、植物のサイクルを表現してみました。

[成果、そして、これから]仕事との両立は大変でしたが、制作する機會を得たこと自體が、自分にとっては有意義でした。研究したことを生かし、これからも作品をつくっていきたいと思います。


change for eternity

田村 早織兵庫県 2019年度修了

[修了作品について]野焼き作品ならではのやわらかい質感と、土と炎のパワーに魅了され、焼成方法を研究しました。陶蕓には必ず焼成の工程がありますが、焼くことで自身の作品の魅力が増したと感じられたのは初めてであり、手ごたえがありました。

[成果、そして、これから]「まだ學び殘したことがある!」と感じ學部から進學。野焼きを研究するために大學の設備や先生方、學友たちの協力を貪欲に求めました。「淀君」の異名を取ったことは勲章であり、充実した2年間でした。今後もつくりつづけ、いつか自分が心から納得できる作品をつくりたいです。


土より萌える

井澤 正憲49歳 和歌山県 2018年度修了

[修了作品について]日々空想する風景を、自分の王國を作るように形にしてみたいと思った。イメージどおりの質感や加飾をめざし、木型を用いてパーツごとに成形したり、釉著による造形を試みたりと制作工程を検証。従來よりイメージが広がったものの、課題も多く見つかったので、今後の制作に生かしたい。

[成果、そして、これから]制作歴は長いけれど、仕事で資格が必要となり進學。20年ぶりの學生生活で、再びイマジネーションの海にどっぷり浸かり、新たなモチベーションを持てた。また、人との出會いはやはり大きく、交流を通じて制作や他の活動に生かせる素晴らしい経験が得られた。


王國への旅

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

蕓術×大學院×通信 京都蕓術大學通信制大學院 入學説明會

a片无限看- 无限在线观看免费